「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」レポート

「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」のシンポジウムで日本電気株式会社(NEC Corporation・・以下NECと略)が顔認証システムと合わせて既存開き扉自動開閉装置「ドアオペレーター」を紹介しました。

「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」の開催概要はこちら

img_1614

両手がふさがっている車いすの方が入室するには、カードをカードリーダにかざす動作は一苦労です。
入口での滞留にもなり、ストレスの原因にもなりかねません。

今回のNECによる提案は、顔認証装置と「ドアオペレータ」を組み合わせることによりにスムーズな入室ができることを紹介しました。
(顔認証装置とドアオペレータを組み合わせた動画は下記よりご確認ください。)

img_1625

なお、本システムについて、ご興味やご不明な点がありましたら、お気軽にロックシステムへお問合せ下さい。
ロックシステムは今後もユニバーサル社会の推進に貢献して参ります。


ロックシステム営業本部