虹彩認証のあゆみ 【第4回】

圧倒的な製品力

2002年当時虹彩認証を販売していた国内メーカーは1社のみでした。
当時はそこの製品との比較が行われる機会が多かったのですが、価格面、性能面で優位に立つことができました。

ある展示会では、偶然その虹彩認証を販売する国内メーカーと隣り合わせのブースで出展することになりました。

見学にきたお客様の評価は控えめに見ても9対1で我々の商品に軍配が上がっていたと感じました。

しかし、今思うにこれが後々国内メーカーの大逆襲を生む大きなきっかけになったと思います。

虹彩認証は「高い」、「遅い」のイメージを大きく変え製品力の強さに酔いしれた日々でした。

つづく


ロックシステム営業本部CS課