第五回ロックシステム協力会安全衛生協議会リポート

今回は2017年5月10日に行った、ロックシステム協力会 第五回安全衛生協議会のレポートをお送りします。


スケジュール

  1. 開会挨拶
  2. 安全衛生協議会第一部 顧客企業各社からの情報配信
  3. 安全衛生協議会第二部 案件情報公開
  4. 安全衛生協議会第三部 施工要領書の草案、スケジュール管理ツールの案内
  5. 閉会挨拶

第一部 顧客企業各社からの情報配信

顧客企業各社からの情報配信(災害事例、安全管理対策、品質向上対策等)
引き続き顧客企業各社からの情報の共有を実施しました。

今回は少し視点を変えて実際に災害、事故が発生した際にどのような対応を取る必要があるか話し合いました。
災害、事故に直面した際に慌てず対応するためにフローチャートや対応例を参考にして普段から災害、事故対応について意識するポイントを挙げていきました。他にも現場での立ち居振る舞い、言動についてお客様よりクレームを頂戴した例にも触れました。
事故災害防止は勿論ですが、その原点となる基本行動とコミュニケーションの向上の必要性を話し合いを行いました。

また少し早く感じますが暑い日も続きましたので熱中症対策、予防についても取り上げました。


第二部 案件情報公開

大型連休中の対応も終えて業務量が安定する時期を有効に使って先を見据えた案件調整、計画を実施しています。


第三部 施工要領書の草案、スケジュール管理ツールの案内

施工要領書の策定

施工要領書の策定は繫忙期中に案件情報の不足不備で現場業務に影響を及ぼした事を反省し、依頼書や報告書とは別に実際の現場入場や作業を進行する上で必要な内容が分かるような資料を目指して作成を進めていることが報告されました。

スケジュール管理ツールについて

スケジュール管理ツールについては既存で利用していたサービスが経年により陳腐化したため管理運用面、コスト面でのリスクが高まってきました。
そのため新規のスケジュール管理ツールでの環境整備を進めています。

協力会社 各社と弊社 ロックシステムとで円滑な情報のやり取りを行う事でトラブル防止、品質向上を図ります。

終わりに

新しい試みもあり不慣れな部分もありましたが、顧客企業各社からの情報を配信を共有する場であり意見交換や課題提起も行われ貴重な取り組みであったと感じております。

来期も引き続き安全衛生協議会を開催する予定です。


(注1)今期は2016年8月から2017年7月です。6月は協力会慰安旅行、7月は協力会研修会を予定しています。
ロックシステム協力会(東日本)事務局
ロックシステムENG/SE課