大阪社用車

こんにちは

今回は大阪の社用車のお話です。7年間乗り続け走行距離も22万キロとなったタイミングで新車へのバトンタッチとなりました。商用車はモデルサイクルが長いので新車と言っても外見・中身はほとんど変わりません。ただ一番変わったところは先進安全装備の追加です。運転席及び助手席のエアバックは以前の車にも装備されていましたが、今回は自動ブレーキと車線逸脱防止機能が新たに付きました。商用車にも必須の装備の時代となりました。

赤信号で止まる際前車との距離が近いと判断するとブザーとインジケーターのを点滅するかブレーキを作動させドライバーに衝突回避を促しますし、意図せず車線を逸脱しそうになると車線内走行を促す警告を発します。早めに検知すように設定されているようで(ディーラーで言われました)赤信号で止まる際に鳴ってしまう回数がまだ多いです。この辺りは自分自身改善しないといけません。

交通事故の死亡者数は年々減少していますが、交通ルールの強化(飲酒運転・シートベルトの着用など)だけではなく自動車メーカーによるこのような技術の進歩も多分に貢献しるのではないかと思います。

今年も9月21日~9月30日は秋の全国交通安全運動週間です。期間中のみならず、常日頃から安全運転に心がけましょう。


大阪営業所