Mobotix  MxManagementCenter 研修会

先日、弊社セミナールームに於いてMobotixジャパン講師による同社ネットワークカメラの管理ソフトウェア、「MxManagementCenter」の操作研修会が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知のとおりMobotix社のカメラは、高画質でありながら低いネットワーク負荷、環境を選ばず高い耐候性を誇る全天候型ボディ、優れた画像解析機能技術など、特長ある製品群によりヨーロッパを中心に各国で高い評価を得ています。

そのMobotixカメラの管理コンソールが「MxManagementCenter」です。

このコンソールを有効活用し、さまざまなお客様のご要望を実現するためには詳細なセッティングが鍵になってきます。操作研修会では、来場者にこの内容を詳しく知っていただくための訓練を行いました。

 

私たちエンジニアリング課は、この操作研修会を、お客様に製品機能の知識を習得していただくだけでなく、設置調整作業をする私たちからの要望とお客様からのご要求をメーカー側に伝える場として活用してまいります。

Mobotixのような海外商品は、見た目のルックスだけでなくユーザーインターフェースが国内商品と大きく異なるうえ、ネットワーク周辺機器やOSにも違いがあります。

それらの相違がお客様のご要望の実現を妨げる障壁となることが無いようにするとともに、国産商品にない大きな利点を最大限発揮できるようにするため、我々は製品理解を深める必要があります。

すべてはお客様のために。

今後もこのような機会を積極的に利用し、私たち自身も知識をブラッシュアップし、知見を広げて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

Mobotix http://www.mobotix-japan.net/

 


営業本部ENG課