2018年を振り返ってみよう

年の瀬も押し迫ってまいりましたが、皆様お変わりございませんでしょうか? 年末年始は非常に冷え込むとの予報がございますのでお出かけされる方は十分にお気をつけください。


さて今回は少し仕事を離れて、2018年の10大ニュースを振り返ってみようという内容です!! ちなみにソースはYOMIURI ONLINEです。

 【1位】平昌五輪で日本は冬季最多13メダル。フィギュア・羽生結弦は連覇
【2位】西日本豪雨、死者220人超
【3位】日大アメフト部選手が危険タックル。スポーツ界で不祥事相次ぐ
【4位】テニス・大坂なおみが全米オープン優勝、四大大会で日本人初
【5位】日産・ゴーン会長を逮捕
【6位】北海道で震度7、道内全域で停電
【7位】ノーベル生理学・医学賞に本庶氏
【8位】オウム松本死刑囚ら元幹部の死刑執行
【9位】大谷翔平、メジャー新人王に
【10位】大型台風襲来、関空が冠水し孤立

特に極端な気象や自然災害の増加が目立ちますね。いつくるか予測がしづらいのが自然災害です。ただ必ずやってきます。災害に遭ってから用意はできませんのであらかじめの備えが非常に大事です。市販されている防災グッズなどの準備もそうですが、普段から災害に対する『心構え』を持っておくこともとても大切なことだと思います。

またスポーツの分野では、若い力が信じられないパフォーマンスを発揮した1年でした。各個人の内容については皆様も十分にご存知と思います。自分の可能性を信じ、大舞台で実績を残すのは同じ日本人として誇りにさえ感じます。

 平成の時代が終わりを迎えます。来年は新しい元号となり新しい時代が始まります。時代の変わり目を体感できる貴重な瞬間ですね!!


大阪営業所