【ネットワーク営業課便り】~モニターBOXの導入事例のご紹介~

こんにちは!ネットワーク営業課です。
ロックシステムが誇る画期的な遠隔監視システム”モニターBOX”をご存じでしょうか。
昨年より大々的にPRをスタートしましたので、既に検討頂いている方もいらっしゃるかと思います。
さて、今月からはネットワーク営業課が実際にモニターBOXの導入頂いた際の事例をご紹介します。

【お客様】

・大型ホテルチェーンが展開するエコノミーホテル様

【これまでの経緯】

以前より、1Fフロアに数台のMOBOTIXカメラと録画機器を導入いただいています。
今回は、ホテルのブランドポリシーにより全フロアへカメラの設置を行うこととなりました。

【監視カメラ導入増設の課題】

課題1.

これまではカメラシステムの管理はホテル支配人様が単独で担当しており、カメラ数が増えるに当たり管理できる台数が限界に近くなっていました。

課題2.

過去に録画障害により、録画が出来ていなかった事があったが障害発生時は録画停止状態に気付かず(モニターでライブ映像を見ている分には通常時と変わらないため)、しばらく経ってから判明したことがありました。
また、原因も録画装置の電源が抜けていた事によるものだったため、早くに録画停止状態が分かっていたら原因の特定、復旧への時間も最小限で済んだことが予想されるものでした。

【課題解決に向けての提案・導入への決定打】

解決1.

モニターBOXによる一括管理により、一目で障害状態を確認出来るようになります。

解決2.

販売店・保守事業者によるリモートにてメンテナンスが可能となります。
ネットワーク機器をユーザー様自身が確認する事は技術的にも難しく、時間も掛かります。
モニターBOXの導入よって、販売店や保守事業者によるメンテナンスがあれば安心してシステムを運用できます。
また、たとえ遠隔地であっても、ユーザー様がリモートメンテナンスの許可をする事により、販売店や保守事業者が現地へ赴くよりも早く切り分けと暫定対処を行うことが可能になります。

これからも導入が決まり次第、紹介して参りますので、
皆様が提案する際の手助けとなれば、何よりも幸いです。

上記以外の導入事例もございますので、関心のある方はお気軽にお問合せ下さい。


ネットワーク営業課