~ネットワーク営業課便り~

こんにちは!ネットワーク営業課です。

去る7月23日、「ロックシステムレセプション2019」を開催致しました。
昨年、弊社商材である「モニターBOX」の初披露の場として開催したところ、多くのお客様にお越し頂き大変ご好評を頂きました。
そこで、今年も開催して欲しいとのお声を頂いた事もあり、レセプションを開催するに至りました。

また、今年はモニターBOXの紹介だけではなく、新たに搭載する予定の機能をご紹介致しました。その機能について以下にお伝えします。

◆モニターBOX新機能「イベントアラーム機能」
監視する各機器からテキストベースのログを取得しのログから特定の文字列を検出した際に通知をおこなう機能となります。
例えば、NASを使用したカメラシステム運用した際に、ディスク障害が発生したと想定します。通常、RAID構築しているNASの録画環境ではディスク障害が発生した場合でも、カメラの録画は継続します。録画が継続されている間にHDDを交換しRAIDの再構築等の対処をおこなう必要があります。しかし、日々のカメラの録画データの確認のみでは、システムが正常稼働しているように見えるため、NAS本体を確認しなければ気付く事が出来ず、対処が遅る場合があります。
イベントアラーム機能では、NASのログ上に表示されるディスクエラー情報”RAIDx error”などをモニターBOXに検知トリガーとして指定する事で、ディスク障害が発生した際にメールで通知されるためいち早く障害に対する対処へ移ることができるようになります。

【ポイント】
カメラ以外の機器の状態監視が出来ます。また、指定したの障害も検知する事ができるため的確に素早く対処が出来ます!

防犯カメラでは安定した稼働を実現することに加え、確実に録画が出来ることが重要な要件です。これからの屋外防犯カメラにとって、このような構成が必須アイテムになるのではないでしょうか。

以上、レセプションでお披露目したモニターBOX搭載予定の新機能をご紹介致しました。現在検証段階のため、具体的なリリース時期については準備出来次第お知らせしたいと思います。なお、今回ご紹介した「イベントアラーム機能」以外にもレセプション内でモニターBOXについてご紹介をしております。他機能については次号で配信予定です。

今回ご紹介しましたイベントアラーム機能や、そもそもモニターBOXって何?といったご質問など、何でも結構です。お気軽にお問合せ下さい。また、皆様のお客様へのモニターBOXの提案についてのご相談も大歓迎です。これまでの実績を踏まえて的確にお応え致します。


ネットワーク営業課