ロックシステムレセプション2019を開催

今年はプライベートレセプション

先日までの日照時間月間記録のニュースが嘘のように真夏のような日々が続いており身体にこたえるこの頃です。
そんな中、ロックシステムグループ(ロックシステム、キロックス共同)主催でロックシステムレセプション2019を開催しました。

昨年は、多くの皆様にモニターBOXを知っていただくためのパブリックなレセプションでしたが、今年はモニターBOXによる、より具体的なビジネス展開の発表の場として、招待制によるプライベートレセプションとして開催しました。

お忙しいなか、100名を超えるご来場をいただき、改めて感謝申し上げます。

今年のテーマは「安心」と「安全」の違い

~迫りくる【人手不足】と【IoT時代】に備えた セキュリティシステムの運用と管理~

と題し、「安心」と「安全」をキーワードに物理セキュリティにおける課題とモニターBOXの新機能の紹介と、モニターBOXの導入事例を紹介させて頂きました。

ご参加いただきました皆様からは、導入の検討や取り扱いのお話も頂いております。
大変ありがたく受け止め、真摯に対応させて頂きます。

<新サービス>モニターBOX遠隔保守サービスを発表

そして、今回のレセプションのもうひとつの目玉として、ロックシステムが新しい事業として展開予定の「モニターBOX遠隔保守サービス」を発表しました。

これは、モニターBOXの利用価値を広げるサービスとして、皆様との協業を前提とした遠隔保守サービスをロックシステムが皆様に提供するサービスです。
(10月サービスインを予定しています)

詳しい内容は、セールスプロモーション課までお問い合わせください。

モニターBOXの今後

モニターBOXは様々な可能性を秘めた装置だと考えています。
今回、ご紹介しました『モニターBOX遠隔保守サービス』以外にも、業界・業種によって色々な使い方もあるかと思います。
皆様からのご意見・ご要望を頂戴して、このモニターBOXを育てて頂ければ幸いです。

また、レセプションで紹介しましたモニターBOXを取り扱いたい、導入を検討したいお客様に勉強会やデモンストレーションを行なっています。
その際には、弊社にお問い合わせ頂くか皆様にお伺いした時に、お声がけ頂ければと思います。

今後も、モニターBOXおよびモニターBOX遠隔保守サービスにご期待ください。


セールスプロモーション(SP)課