録画できていますか?

例のあおり運転事件の影響もあり、ドライブレコーダーが注目されている今日この頃。

弊社の社用車にも全て搭載しており、自損・他損に関わらず、何かあった際、事実を確認するツールとして非常に心強い味方です。

が…

実は録画できていなかった、というケースが多数発生しており、実際に国民生活センターにも多くの相談が寄せられているそうです。(年々増えているらしい)

原因は様々で、保存媒体であるSDカードの問題や、人的ミス等のようですが、何より普段から確認することが大事だと、国民生活センターも注意喚起しています。

この事は他人事ではなく、弊社の主要ビジネスである監視カメラも、いざという時録画できていなかったというトラブルは多々ございます。(時にお叱りを受けることも…)

そのような事が無いよう、ロックシステムグループでは「モニターBOX」という仕組みを開発しました。

http://locksystem.co.jp/security/monitorbox

ドライブレコーダーは個々の利用者の管理とならざるを得ないのですが、ネットワークに接続された監視カメラシステムであれば、この「モニターBOX」で、自動化された運用管理の仕組みが構築でき、管理業務を削減することが可能となります。

詳細は改めてご説明差し上げますので、是非とも弊社社員にお声がけ下さい。

お待ちしております。


営業本部CS課