FAQ

よくある質問

見積書をもらったけど口頭の説明だけでは心配です
工事下請基本約款でお見積もり条件を保証しています。 施工などのサービスはどうしても金額や口頭だけではお伝えできない様々なサービスを多角的にご提供しなければなりません。 お客様からのご要望を踏まえ、法令遵守で安全で安心の品質を確保した施工サービスを提供するために、お見積もりの基本条件を定めて、お客様から安心してご用命いただける様に努めています。
出入管理システム、停電になったらどうなる??
構成システムや錠前のタイプによって異なります。
電気錠の耐用年数の年数設定の経緯を教えてください
(日本ロック工業会の『錠の耐用年数に関するガイドライン』からの抜粋)
錠は精密部品であり、部品の使用頻度による磨耗・環境変化による劣化(グリス劣化・樹脂劣化)より10年以上は確実開閉動作などの操作性の維持と防犯性能の維持が困難と考えられるので、各メーカーと協議の上、日本ロック工業会として一般錠の耐用年数を10年と定めました。

過去の実績として、JISやBL基準での繰り返し耐久性の回数が経験値である10年間の使用回数を根拠に定められていることを参考とした。

標準使用頻度=平均所帯人数3人×扉開閉10回×365=10,950回

錠の耐久使用回数100,000回÷10,950回/年≒10年

(錠の耐久使用回数はJIS A 1541-2の最低グレードの規定100,000回より算出。)

使用頻度の多い場所で使用される場合は、使用頻度による性能を参考に考えてください。

また、電気錠に関しては一般錠の考え方に加え、電子部品や導線の通電時の発熱による酸化・帯磁による経年劣化や一般環境下における絶縁性能の劣化、特性劣化、腐食等が製品に影響を与えることのない年数を基準とし7年に設定した。