物理セキュリティ自己診断リスト

今運用しているシステムが正常に稼働しているかを簡易的にチェックできる自己診断リストです。

システムが本当に稼働しているか実は誰も知らない?!

  • カードをかざせばドアが開くから大丈夫
  • カメラに電源が入っているから大丈夫
  • 日常困っていないから大丈夫

普段は大丈夫・・・でも
セキュリティとしては大丈夫?

  • 入退室管理システムはドアの開け閉めだけが目的ではないのでは?
  • 監視カメラシステムは撮っている様に見せるだけが目的ではないのでは?
  • 耐用年数を考慮した運用は?・・・等々

利便性には問題ない・・・でも
本来のセキュリティとしての目的は?

物理セキュリティシステムには盲点がたくさんあります。

一見すると稼働している様に見えても、いざ利用する場面に直面した時、実は本来の目的通りに働いていなかったなど、物理セキュリティシステムには普段は気づかれずに運用されてしまうリスクを抱えています。
特に昨今はパソコンでの管理やネットワーク化が進むにつれ、リスクは増えています。
また、当然ですがどんなに高性能なシステムにも寿命があります。
この「物理セキュリティ自己診断リスト」では、各々の物理セキュリティシステムの抱える一般的なリスク10項目を質問形式で簡単にチェックする事ができます。

↓セキュリティの管理責任者の方はぜひ一度お試しください。↓


入退室管理システム編

アクセスのコントロール、履歴の管理保存など
入退室管理システム本来の機能が稼働しているかをチェックできます。


  自己診断はこちら

監視カメラシステム編

映像のチェック、映像の保存など
監視カメラとして最低限必要な機能が稼働しているかをチェックできます。


  自己診断はこちら