セキュアカメラクラウドサービスの紹介

セキュアカメラクラウドサービスの紹介

「その手があったか。」

 

image_mini (12)

ロックシステムは、ネットワークカメラを安心してご利用いただけるソリューションとして株式会社NTTPCコミュニケーションズのクラウド型ネットワークカメラサービスの「セキュアカメラクラウドサービス」を紹介しています。

 

・このサービスはIPsec によるインターネットを経由したVPN環境*を利用することによりセキュアな監視体制を構築しています。

・独自のクラウドアプリケーションにより閲覧用途に応じた画像サイズで映像を利用することで帯域をコントロールしています。

・多拠点での遠隔監視でネットワークカメラを利用する際に課題となる「ネットワークカメラ映像の外部流出」や「ネットワークの帯域負荷」を解決し安定した運用を実現しています。

 

 

[用語解説]---IPsec によるインターネットを経由したVPN環境---とは

  • IPsec:IP Securityの略

    インターネットワーキングの標準団体 IETF(Internet Engineering Task)において標準化されたIP(Internet Protocol)レベルの暗号化機能 のこと。

  • VPN:Virtual Private Networkの略

    インターネットなどを利用している拠点間に外部から遮断された通り道(トンネル)を構成した安全なネットワークのこと。

この仕組みよって世界標準レベルのセキュアな環境を手軽に利用する事が可能となっています。

 

 

リモート監視でさらなる安心を提供

さらにネットワークカメラを安心してご利用いただくための特徴としてNTTPCコミュニケーションズデータセンターから各拠点に設置したネットワークカメラやストレージのリモート監視を行っており、不具合発生時にはサポート窓口よりお知らせします。

またカメラ設置拠点とデータセンターでのデュアル保存により機器や回線のトラブルが発生した際もいずれかで画像データが保存されています。

 

セキュアカメラクラウドサービスの特徴 

サービスの特徴を簡単にまとめます。

  1. VPN回線によるセキュアな監視体制(ネットワークカメラ映像の外部流出の防止)

  2. 独自のクラウドアプリケーションによる帯域コントロール(ネットワーク負荷の抑制)

  3. 安心のリモート監視(必要な時に動いていない状態の防止)

  4. 画像データのデュアル保存(データが残っていない状態の防止)

 

 詳しくは下記セキュアカメラクラウドサービス紹介ページまたはロックシステム営業担当までご連絡ください。 

詳細はこちら

 

 

パンフレット(株式会社NTTPCコミュニケーションズ提供)