指静脈認証装置

銀行ATMでお馴染みの静脈認証装置

指を置いて読み取る方式

digital-vein 国内の多くの銀行ATMで導入されて、馴染みが深くなって来たタイプです。
指紋認証の様に、指を置いて読み取るために、指紋認証と間違えやすいですが、他の静脈に流れるヘモグロビンを読み取る方式で、高度な生体照合性能を持ったバイオメトリクス認証装置です。

特長

  • 認証速度
    指を置いて映像取得後0.8秒
  • 小型・軽量
    小型・軽量で、設置場所の自由度が高い設計です。
  • 照合精度・安全性
    生体内の静脈パターンを認証するため、かすれや乾燥肌による影響を受けません。
    偽造も極めて困難です。

指静脈認証装置

製品 認証コントローラー/指静脈スキャナー
登録指数 IDナンバー併用    8,000指(最大左右計5指/人)
照合時間 0.8秒(指の認証から解錠まで)
照合精度 他人受入率 0.0001%、本人拒否率 0.01%
セキュリティレベル設定 100段階(個人単位の扉設定)
指静脈スキャナーセンサー 近赤外線LED/近赤外線CCDカメ
接続指静脈スキャナー数 2台(1扉入出の場合)/認証コントローラー
使用環境 温度 0~40℃、湿度 20~80%RH
使用・設置環境 屋内、水がかからないこと、直射日光が当らないこと
電源 AC100V±10%、50/60Hz±1%
消費電力 0.5A
機能 1.照合機能(IDナンバー&指静脈パターン)
2.通過履歴報告(時刻、扉No.、IDナンバー)
3.施錠/解錠制御
4.扉異常報告
5.通過履歴アップロード
6.ローカル運転機能(単独運転)
7.異常解錠機能(システム停止時の機能)
---