虹彩認証装置 Iris ID iCAM7000S

IrisAccess

世界で最も多く使われている生体認証システムです。

image_mini (59) 【虹彩認証の利点】

瞬時に認証できるIDカードシステムよりはやや認証時間がかかりますが、カードという持ち物に頼らず他人受入率も極めて低いので、はるかに高い安全性が確保できます。

一方、認証対象者の回転率が高い工事現場、コールセンター、食品工場、教育現場では、虹彩だけで個人認証すれば、高価なIDカード発行によるランニングコストが不要となり、大幅な経費削減ができます。

【IrisAccess  iCAM7000】

IrisID社のIrisAccess iCAM7000は、世界トップクラスの虹彩認証第4世代商品です。
速い実用認証速度、極めて低い他人受容率、ストレスのない本人拒否率、そして使い勝手のよいハンズフリー認証などが、リーズナブルな価格で実現できるようになりました。

本物の生体認証システムの採用により、個人ID認証コストを無理なく低減することができます。

これまでの入退管理システムの認証装置の課題

image_large (6)

特長

  1. 【世界のIris】世界で最も多く販売されているIrisID社製の最新型虹彩認証システムです。

  2. 【高速認証】装置に触れる必要がなく、わずか1秒で(映像取得後)認証できます。

  3. 【高精度】他人受容率120万分の1以下。バイオメトリクスの中でも最高の認証精度を誇ります。

  4. 【信頼性】高レベルの生体反応のチェック機能により偽造に対しても安心です。

  5. 【大容量】登録人数は500人から最大で10万人まで可能なため、大規模システムにも対応できます。

  6. 【ハンズフリー】虹彩の認証のため、マスクやゴーグル、手袋の装着をしても、衛生的に認証できます。

導入市場とイメージ

食品工場/薬品工場/医療関係/研究所/発電所/データセンター/コールセンター/空港/会員制スポーツジム

システム構成

image_large (7)

 動作イメージ

image_preview (29) Inside a Google data center

 IrisAccess 7000 諸元

image_mini (60) icam7000s-1icam7000s-2

  • 直射日光などの強い光の当たる場所には設置しないでください。正常に認証できない場合があります。
  • 暗闇の環境では正常に認証できない場合があります。(推奨照度:200lux以上)
  • カラーコンタクトや、濃いサングラスを装着して認証はできません。
  • 虹彩が2/3以上確認できない場合、登録・認証できない場合があります。(※全ての人を認証できることを保証するものではありません)
  • 管理PC、電気錠コントローラー、電気錠は、商品に含まれて下りません。
  • 登録ユーザー数が1,000人以上、1日の認証回数が2,000回を超える場合のデータベースは、Microsoft SQL Server(MDAC v2.6以上)を利用することを強く推奨致します。
  • Microsoft AccessのDBファイルサイズは最大2GBのため、環境によってはすぐにフルになり、ログのバックアップと消去を頻繁に行う必要があります。DBファイルサイズとパフォーマンスに不安がある場合、icrosoft SQL Server(MDAC v2.6以上)を利用することを強く推奨いたします。

『虹彩認証FAQ』(pdf)はこちらをクリック

寸法

image_mini (60)image_preview (31)

提案例

image_preview (33)