FSB [Lever, Knob & Trim Designs]

FSBの製品について

FSBの製品は、100年の歴史が培った高度の技術と、徹底した品質管理から生み出されています。

fsb_brakel_b_03

fsb_front_01-tif

西ドイツのFSBは、ヨーロッパ最大の建築金物メーカーです。
1880年創立以来、常に業界トップのシェアを誇り、100年以上にわたる絶えまない製品開発は、これまで多くの製品を世に送り出してきました。
そして、その豊かなバリエーションと洗練されたフォルムは、ヨーロッパの人々に愛され、日本でも既に高い評価を受けています。
まさに一流の風格をもつデザイン。そのデザイン・ポリシーは、長い歴史をもつという絶対の自信に裏づけられています。
FSBは、12,000平方メートルの敷地に二棟の工場をもち、100年以上にわたる歴史がその技術を熟成し、ハイレベルな品質を保ちつづけてきました。
徹底した品質管理によって生みだされた製品は、一品一品が緻密に仕上げられています。
FSBの製品は、アルミ、ステンレス、真鍮などのさまざまな素材を加工し仕上げられていますが、特に大きな特徴として、優れたアルマイト処理技術と研磨技術があげられます。
表面研磨は6段階に分けられ、それぞれの工程で慎重に仕上げられています。
FSBの蓄積されたテクニックとハイレベルのデザイン志向は、世界中から高い信頼を受けつづけています。

koninklijk_elisabeth_instituut_10koninklijk_elisabeth_instituut_37koninklijk_elisabeth_instituut_08

frontal_bronze_01_300dpi_4c_ab 72-1003_17-1733-xxxxx-6205-4c fsb-titelmotiv-einlassmuscheln fsb-stossgriff_s-flat_4c fsb_1144_flaebue-4c fsb_315-_glastuer_v001_mb_4c_ab fsb_312_eingangstuer_frontalwindo-handle_34-1144_jasper-morrison_aluminium


fsb_41-tiffsb_45-tiffsb_22-tifWerkfotos FSB

 

 

 

 

 

FSBのアルミ製品

FSBのアルミ製品には、アルマイト処理が施されています。アルマイト処理には、スタンダードアルマイト処理(染色法)とハードアルマイト処理(GS処理法)電解自然発色法があります。

スタンダードアルマイト処理(染色法)

スタンダードアルマイト処理を施されたアルミ製品には、無色透明な陽極酸化被膜のシルバー(S)と、染料が科学的に結合された陽極酸化被膜のゴールド(G)、ブロンズ(H)のタイプがあります。
アルミニウムの表面は、バリア一層とよばれる保護層で被われ、さらにその上に表面被膜層があります。
表面被膜層の厚さは、アルミ(S)が約10~12ミクロン、アルミ(G)は約12~14ミクロン、そしてアルミ(H)は約14~16ミクロンです。
表面被膜層には多くの細孔があり、これを封じることによって耐久性の高いアルマイト層ができます。

ハードアルマイト処理(GS処理法)
電極自然発色法

ハードアルマイト処理は、スタンダードアルマイト処理に比べ、非常に固く厚い陽極酸化被膜がつくられます。また、表面酸化被膜形成と同時に着色されます。
タイプにはダークブロンズ(HB)があり、表面被膜層の厚さは約25~35ミクロンです。

sniptoolplusimgカラーハンドル・カラープルの材質

表面の材質は、20%グラスファイバーで補強したRilsan(ポリアミド/ナイロン系)。アルミ製本体に溶解被膜処理。0.25~0.3mmの被膜厚で、アルカリ・酸・塩・海水などにすぐれた耐久性を発揮。
伝導性が低く、静電気の放電を防ぎます。耐熱範囲は通常-55℃~100℃。日光にさらされても色あせしません。

Werkfotos FSBWerkfotos FSBinnen_4c_600x435cmfsb_20-tif

  カタログはこちら

image_tile (18)image_tile (19)image_tile (14)