インターロックゲート

確実な1人・1認証・1通行を実現

image_preview (12)image_preview (2)image_mini (17)image_mini (18)


セキュリティゲートの最大の目的である、「確実な1人・1認証・1通行」を実現する為の究極のセキュリティゲートが、インターロックゲートです。

片側が開くと、もう片方は開かない、自動ドア(インターロック制御)と、そのドアの間の空間は、様々なセンサーによって、「1人しか通れない空間」(2人以上で入ると、入った側のドアは閉まりません)となります。
ここでは、ユニット式のインターロックゲートを紹介します。

インターロックゲートの特長

  • 高レベルセキュリティエリア向け
    認証・重量など様々なセンサーと、入・出両方にあるインターロックドアによる
    厳重な入退室管理を実現
  • 省スペース設計
    円形スライディングドア採用により、最小スペースに設置可能な設計
  • 高度な認証装置との連動が可能
    非接触ICカード、生態認証、テンキーシステムなどの様々なシステムとの連動・組込みが可能

オーソスの紹介

パーソナルインターロック(PIL)タイプセキュリティゲート

高機密保持エリアへのアクセスコントロールのためのインターロック式ゲート

カバ・ガレンシュツ=ドイツ製
「1人・1認証・1通行」を厳格に運用・管理
通過速度は、毎分5~6人の通行が可能
円形スライディングドアの採用により省スペース設計

※ 屋内仕様

特長

  • 警備監視効率の向上
    通行往来量が少ない、特定ゾーンの警備監視レベルを向上させる効果
  • 機能
    開閉後ゲート内をいったん密室にし、本人を確認後、出口側のドアを開扉(インターロック機能)
  • 不正防止
    2つの扉で1人ずつ確実に入退室管理をすることで、なだれ込みや同時入退等の不正を防止
  • 最適な安全を提供
    ドアの内側は、プレッシャーマット、体重認識センサー等、最重要部門の守りにふさわしい機能を装備
    テンキーや指紋照合付リーダーの活用で、より高いレベルのセキュリティが確保

アクセスの簡単な流れ

 (PIL-M01.M03.C01.S01)
  1. 開始ポジション
    ゲートは閉じ、ロック状態
  2. 許可発行
    許可されると、外側のドアが開き、キャビン(ゲート内)に入る
    キャビンに入ると、外側ドアは閉まる
  3. キャビン内認証
    キャビン内に識別用センサーや認証装置等を設置し、再認証する
  4. 入室可能か識別
    ◎許可→2つ目(入室側)のドアが開き入室できる
    ✖許可されない→拒否されると、外側(入って来た側)のドアが開き、入室できない
  5. 開始ポジション
    ゲートを退出後、ドアが自動的に閉まり、開始ポジションに戻る

 オーソス PIL仕様

項目
PIL仕様
外形寸法(W×D×H)mm
 1020×1020×2400
 質 量 410kg
 環境条件
 -20~60℃、95%以下
 使用媒体  磁気/非接触/生態認証/テンキー
 安全機能  prEN12650に準ずる
 電 源  AC100V±10% 50/60Hz 600VA
 停電時動作  両扉オープン、方扉オープン、両扉クローズ(選択可)
 設置場所
 室内
 通行能力  5~6人/分(制御システム機器による)
 通行検知方法  人感センサー
 通信方法  RS-232C,無電圧接点
 通行対象物  人のみ
 扉開閉方式  モーターPWM駆動方式、うず電流ブレーキ、フリクションブレーキ
信頼性(MCBF)  200万回