テールゲートとエリアセキュリティの考え方

通行許可の精度を向上させ、エリアごとのセキュリティレベルを維持

テールゲート

テールゲート=国内では「伴連れ(共連れ)」ともよばれ、通行許可者の後をついて警備を潜り抜ける行為は、自動化するアクセスコントロールの弱点をついた、セキュリティホールと言えます。
そのセキュリティホールを埋めるソリューションとして、近年では、多くのオフィスビルやオフィス内にセキュリティゲートを設け、認証の精度を高める事が進んでいます。
セキュリティゲートは、ゲート を通過する一人ひとりを検知する事で、エリアのセキュリティレベルに合わせて流入・流出量をコントロールすることを可能にします。
また、セキュリティエリアの細分化が進むことで、セキュリティゲートの重要性が高まっているとも考えられています。

エリアセキュリティの考え方

ロックシステムが提唱する「ゲートセキュリティマネジメント」は、エリアセキュリティの思想に基づいています。
エリアごとのセキュリティレベルを考慮し、それに応じた補助装置としてセキュリティゲートを提案しています。

主なエリアセキュリティの区分

image_preview (9)

セキュリティにおける、脅威と脆弱性を最も認識しなければならない対象(物)です。

守るべき対象

守るべき対象に対して、各エリアごとに、セキュリティの強度レベルを考慮する事になります。


特定ゾーン

守るべき対象に最も近いエリアを「特定ゾーン」と呼んでいます。
リスクの高いエリアである事を考慮して、厳重なセキュリティ強度を検討するエリアです。


社内エリア

オフィスセキュリティの中で、最も情報漏洩などのリスクの高いエリアです。
外部との明確なエリア分けが必要なエリアと考えています。


社内共用エリア

社内エリアとの明確な区分を必要とするエリアです。
また、業務上の効率も考慮しなければならないエリアでもあります。


エントランス・ロビー

エントランスやロビーはパブリックスペースとして、不特定多数の人の出入りが予想されるエリアです、また関係者と部外者との区分を必要とするエリアでもあります。
圧力のあるセキュリティは多くの人の精神面での配慮が必要です。


外周エリア

外部と内部を区分して、不審者対策などの重点的な対策が必要なエリアです。
主に屋外である事から、範囲が広大である事から、効果的な対策が必要になります。