あくまで個人の感想ですが…

さて最近弊社でもウイルス対策として「ジャック・アタッチメント」「ノー・ハンダー」といった既存の扉に
比較的簡単に取り付けられ、手を使わずに(腕、足で)扉が開けられるようになる商材をご紹介させていただいております。

弊社オフィスの扉にも「ジャック・アタッチメント」「ノー・ハンダー」を取り付けており日々コロナ対策のため
活躍してくれておりますが、実際の使用感は「ノー・ハンダー」の方が良いと個人的には感じております。
特に扉を引いて開ける場合、「レバーを下げる⇒扉を開ける⇒外に出る(中に入る)」という一連の流れがどちらが
スムーズに行えるかというと「ノー・ハンダー」に軍配が上がるのではと思います。(※あくまで個人の感想です。)

ただ、売れ行きはというと「ジャック・アタッチメント」の注文が先行しており「ノー・ハンダー」は…今一歩
というのが実は現状です。私自身も、最初は見た目もかっこいい「ジャック・アタッチメント」推しでした。
「ノー・ハンダー」に対しては『足で引く動作って普段あまりしないので使いづらいんじゃ…』というイメージ
でしたが、実際に何度か使って意外な使用感の良さに魅了され、今では「ノー・ハンダー」推しです。(※あくまで個人の感想です)

そこで今回は、是非「ノー・ハンダー」をもっと知ってもらいたい!という思いから、弊社オフィスで使用している所を
動画に納めました。少しでも使用感が伝われば幸いです。

・扉を押して開ける場合

https://www.youtube.com/watch?v=dODYnXwu0fg
・扉を引いて開ける場合

両手が荷物で塞がっていても扉を開けることが出来るので、ウイルス対策としてだけでなく倉庫等の出入口でも活躍出来ると思います。

※動画でノー・ハンダーを付けている扉が「アルミパーテーション扉」で、比較的軽いタイプの扉になります。
扉が重くなりますと徐々にノー・ハンダーでの開扉がしづらくなる事が考えられます。ご留意ください。


営業本部CS課