コロナ感染症対策《扉の自動化》

現在のコロナ感染症対策をしているなかで、ドアオペレーター(開き扉自動開閉装置)への
問い合わせが増えてきております。マンションエントランスや事務所入口などの扉に設置を検討されているとのことで、問い合わせの内容をお聞きすると、一番多いのが扉に触れないで開けたいという希望が多く、少しでも接触を減らしたいのだと感じた次第です。

そこでドアオペレーターについて簡単にご説明をしたいと思います。
ドアオペレーターは既存の開き扉に設置出来る事がメリットとなります。
安全センサーなどを取り付けることで挟まれ防止など安全にご使用していただけます。
また、電気錠(モータ式電気錠や電気ストライク錠)との連動が可能となります。
ご要望にお答え出来るようシステムのご提案をさせていただきます。
設置については、現地確認が必要となります。

既存開き扉 自動開閉装置

弊社では、ドアオペレーターの他、感染症対策商材に力を入れています、「ジャック・アタッチメント」、
「ノー・ハンダー」、「スマートスキャン」などを取り扱っております。

ご質問・ご相談など御座いましたら、ご連絡頂ければ幸いです。


営業本部カスタマーサービス課