アフターコロナのオフィスセキュリティは・・・

2021年12月現在、日本におけるコロナ感染状況は一時期に比べ落ち着きを見せています。
とはいえ、海外では新たな変異株が取り沙汰されており、コロナウィルスの脅威は去ったとは言い難い状況ですが・・・
が、オフィスに人が戻ってきているのは間違いなさそうで、弊社が得意とするオフィス関連のセキュリティ工事も徐々に増えつつある状況です。

ところで、コロナ前と後のオフィス像はどのように変わっているのでしょうか?

コロナ前、オフィスセキュリティに求められるものは「資産や情報を保護するための制限や監視の機能」でしたが、コロナ後はそこに「感染対策」という「保護」が加わりました。
具体的には検温・入室可能人数の制限、非接触や遠隔での保守管理などが挙げられます。この場合、要望が幅広くなるため、単一メーカでは対応しきれなくなることも予想されます。

そこでロックシステムを思い出してください!

ロックシステムは、セキュリティシステムのマルチベンダーとして、各メーカーの製品を組み合わせ、幅広い要望にお応えします。

ウィルス感染予防対策

https://locksystem.co.jp/security/virus

セキュリティが担保され、感染対策としても有効なシステムをご検討中のみなさま、是非ロックシステムにお問合せください!

弊社youtube、【物セキュの星】でも詳しくご紹介中!!


ロックシステムCS課