2022年度6月度 ロックシステム安全衛生協議会のレポート

6月8日に実施した安全衛生協議会について簡単に内容を紹介します。

■石綿取扱作業従事者 特別教育
2022年4月1日より解体・改修工事を対象として石綿に関する事前調査結果を
労働基準監督署・自治体に報告する制度が開始されました。

対象となる工事には石綿等の除去・封じ込め・囲い込み等の措置を講じるために
当該作業には特別教育の修了者を就かせる必要があります。

ロックシステムの社員及び協力会社の石綿取扱作業従事者 特別教育は完全に完了しておりませんので
安全衛生管理として現場作業者全員に特別教育の受講出来るよう取り組みを進めております。

また石綿(アスベスト)とは一体どういったもので建築物においてどのように利用されてきたか、
健康被害として石綿がどのような病気の原因になるのかと言った基礎的な知識について安瀬衛生協議会の中で扱いました。

■熱中症予防の基本対策
今年も湿度・気温が上昇、夏季に向けて熱中症の発生・重篤化などの危険性が高まってきております。

改めて熱中症予防について厚生労働省、環境省から提示されている情報を元に注意喚起、意識啓発を行いました。

・日々のWBGT(Wet Bulb Globe Temperature)値の把握
WBGT値を出来るよう作業に入る地域の環境省の暑さ指数(実況と予測)が閲覧できるホームページを紹介

・統計情報から見る熱中症
統計情報から近年の熱中症による業種別、時間帯別、屋内外作業別の死傷者数を確認。

炎天下の作業でなく屋内の作業でも熱中症の危険は変わらない事や
作業完了後や事務所、自宅に戻ってからも熱中症により体調を崩す事は珍しくないなど知識面の深堀を行いました。

・暑熱順化の対応
暑熱順化とは体が暑さになれる事をいいます。
暑い日が続くと体が次第になれ暑さに強くなりますが、個人差はあるにせよ数日から2週間程度かかるようです。

夏を迎える前に暑熱順化のため日常生活内での運動の種類、時間の目安や

湯船につかる入浴でも効果があるなど対策について共有を行いました。


技術本部 エンジニアリング課