施工サービス業とは?

物理セキュリティには施工が必要

とうぜんながら、物理セキュリティの多くは、建物の設備として、物理的に現場で施工/設置しなければなりません。
施工なしに物理セキュリティを導入することはほぼ不可能でしょう。
私たちは、物理セキュリティの提案/選定/設計から、施工管理/設置、さらにはシステムを立ち上げるための設定/取扱説明、そして、運用開始後との保守/アフターサービスを提供します。

安全で安心できるサービスの提供

物理セキュリティの施工のために、建設業法など様々な法的なルールの下、各種資格を求められます。
また、安全衛生や法定福利は当然ながらその他労働環境の改善などへ積極的な取り組みが求められています。

私たちはすべての施工サービスは安全を前提とした基本動作から提供されると考えています。

1234

 各種保険加入

  • 賠償責任保険(各店場対応)
  • 事業損害保険(各種生産物・工事用物損害賠償保険など特約付総合タイプ)
  • 現場作業従事者傷害保険(従業員・下請負人)
  • 従業員損害保険

施工協力会の組織運営

5

施工協力会という組織を管理・運営することで、ロックシステムの【安全と品質】の標準化を徹底し、お客様に最適な物理セキュリティ施工サービスを提供します。

  • ロックシステム協力会(1991年 8月設立) 

    関東地区の施工業者により発足、設立
  • 西日本ロックシステム協力会(2015年8月設立)

    関西地区の施工業者により発足、設立